5年目のモラトリアム

遂に大学生活も最後となりました。

五大陸制覇&訪国20か国到達!(1)

題名の通り!今回訪問したモロッコで、記念すべき20か国訪国に達成!

加えて南北米、ユーラシア、オセアニア、アフリカ、と五大陸制覇でもあります!(モロッコだけでアフリカをカウントするのちょっとズルした感ありますけど、、)

 


大学1年の時姉のトルコ旅行について行ってから、ここまでいけるとは思ってませんでしたが、まあ航空券とパスポートさえあれば行けちゃう話なんですよね実際。あとバイト社畜精神か

 


まあね、実際20か国以上行ってる人なんて腐るほどいますけど...。

 

今回は僕による僕のための記念ってことで、このブログを覗き見してくれた数少ないYOUに感謝を込めて、独断と偏見に満ち満ちた「オススメの国」を紹介しちゃうぞ!!


勿論、行ってない国はめちゃくちゃあるので、そこはご愛嬌で。

 

 

ランキングなんてもの付けるのは誠に僭越でありますから、「自然」「建物」「面白さ」「住みたい」で分けてみましょう。

 

 

『やっぱり自然だよなあ、の旅行』

  • カナダ

f:id:subarism:20180903174004j:plain

「住む」ということでも上位に入るカナダですが、やっぱり魅力はその自然ですよねえ。

 

バンクーバーからちゅちゅっと飛んだところにあるカナディアンロッキーには痺れちゃいましたよ。本当に。

 

頭に雪化粧の施した山々、300mの厚さをもつ氷河、エメラルドグリーンの湖、見渡す限りの緑...はあ、思わずため息がもれちゃいますね。

f:id:subarism:20170530213636j:plain

目を見張るほどの自然を観ることの何がいいかって、「ああ、自分て馬鹿みたいに小さいんだな、」って思えること。

 

就活中の面接で、すんごい難しい質問された時、パッと浮かぶんですよ。この光景が。んで、「いやー俺がここで何を言ったところで小さい小さい。」って思える。

 

一種の緊張ほぐしのツールになること間違いなし。

 

 

f:id:subarism:20180903185238j:plain

南半球で自然と言えばニュージーですね。羊の楽園はやはり自然も素晴らしい。

 

バスで移動すれば窓に流れる景色がもう目に余って余ってしょうがない。

 

私が訪れたのは南島だけでしたが、行く街は全部山に囲まれて、無意識にフッと「風光明媚」の四字熟語が口から流れ出ます。

 

島には「星空世界遺産」の呼び声高いテカポ村も控えており、観光客に対して万全のレギュラー陣を用意しています。

 

f:id:subarism:20180903185342j:plain

いつかはロードトリップしたい国です。

 

 

「日本にはないすんげー建物っしょ!の旅行」

 

  • インド

f:id:subarism:20180903192632j:plain

定番っちゃあ定番なんですけれども。タージマハルは本当にすごかった。

 

あの白い大理石で形づくられた建物を遠くからパッと見るだけでも十分ビリビリ感じるのに、近づくにつれて大きくなる気持ち。「どうやって、まあ、こんなでかいの作ったんだ。」

 

湾曲したでっかい大理石が高さ10数メートル頭上にはめ込まれてるのとか、???どうやって??って感じ。

 

もっというと、今もローカルの人々に普通に使われているモスクだっていうこともポイントをあげてますね。観光しながら、この場所が人にとってどういう意味を持っているのかを肌で感じることができるのが、タージマハルの魅力でもあります。

 

それに、タージマハルが当時の王様の奥さんのお墓だったり、それを作るために国の財政が傾いたり、本当は対岸に黒いタージマハルを作る予定だったりと、歴史を知るほどもっと感動が深まるんです。あーぜひ行ってほしいなあ。

f:id:subarism:20180903194021j:plain

他もモスクも、ローカルと同じように入れるので魅力的。例えばトルコなんかはローカルのお祈りの時間は一緒に観光客入れないし。まあどっちがいいかの議論は置いておいて、おいしいっちゃおいしいです。

 

 

  • スペイン

f:id:subarism:20180903195157j:plain

じゃーん!スペインからはサグラダファミリア!!!!

 

ガウディさんの建物ですね。長く未完未完と言われてきましたが、どうやらもう何年もしたら完成するみたいで、もう一度行かなければと思っている次第であります。

 

サグラダファミリアの何が面白いかって、意外とPOPな外観をしていることです!なんとなく荘厳な雰囲気のあるイメージがあったこの建物ですが、装飾が丸みを帯びていたり、文字のフォントがゴシックみたいだったり。

 

そういえば同じガウディさんのグエル公園カサ・ミラも曲線を多い気もするので、彼の世界観なんでしょうね。いやーすごい。

f:id:subarism:20180903200950j:plain

でも、スペイン自体街を歩いているだけでどこでも絵になるようなところばっかりだったので、サグラダファミリア以外でも目を楽しませられます。

 

他のヨーロッパの国行ったらもっとすごいとこあるんだろうな。行きたい。

 

 

 

結構長くなったので、「面白さ」と「住みたい」は次のポストで書こうと思います!次も見てね!!

 

都内から1時間でウユニ気分(?)を味わっちゃおうの旅

東京から地球の裏側へ、飛行機を乗り継ぐこと約30時間....。

 

南米のアンデス山脈を越え、たどり着く神秘の鏡張りの湖....。

 

 

f:id:subarism:20180725112015j:plain

 

んー、ちょっとクオリティは下がったかなあ....。

 

 

ってわけで、タイトルにもありますが今日は30時間とうん十万の大金をかけずに、都心から1時間で行けちゃう関東の(プチ)ウユニ塩湖を紹介しましょう。

 

ウユニ塩湖といえば、

f:id:subarism:20180725112319j:plain

これこれ、これですよ。

広大な地面の表面にうっすーく水が張っているおかげで、まるで水上のものが鏡のように反射しちゃうっていう、フォトジェニック観光地。

 

インスタに投稿すれば大量のlikeを獲得することができちゃう優れモノです。

 

 

こんなアンデスが生んだ神秘には遠く及ばないけれども、

「まあまあ、頑張ってるんじゃない?」

レベルの写真を千葉の江川海岸へ撮りに行ってきましたってわけです。

(実際には友達についていっただけです。)

 

f:id:subarism:20180725114008j:plain

まず場所としては、本当に都心から1時間で行けちゃいます。

新宿でレンタカー借りてピュっといけるのがいいとこかも。

 

潮干狩りをやってるところらしく、広い浅瀬があるから、そこにたまった水が反射するようになるんでしょうねきっと。

 

 

で、肝心の写真だけれども......。

f:id:subarism:20180725113249j:plain

んー。なんか惜しいんだよなあ。って声も聞こえそうだけど一応鏡にはなってる!!!

 

でもちょっと、水面に風が立つとすぐ...。

f:id:subarism:20180725114438j:plain

消えてしまう.....。

 

まあ、こんなクオリティだろうなって感じ笑笑

 

www.google.co.jp

もっときれいな写真撮ってる人のブログ見つけたので参考までに貼っちゃおう。

ちなみに、ここまで書いた内容がこの人の二番煎じ感ありすぎて恥ずかしい。みんな考えること同じなんだよなあ、しかも写真きれいだし。

 

 

それでも、夕焼けは何とかきれいに撮れました。

f:id:subarism:20180725115703j:plain

 え?最初の写真と変わらないって?そうなのこれしかないのよね。

 

ちょっと調べてみたら、『日本のウユニ塩湖』って結構あるらしいんですよね。

そのうち全部行くマニアとか出てきそう。てか、もう既にいそう。

日本にウユニ塩湖は9つある⁉全国のスポット総まとめ | 日本最大級のSNS映え観光情報 スナップレイス

 

 

まあ、こんなところで、ちょっとウユニ感じてみたい(?)人はぜひ簡単なドライブへどうぞん。

 

ちなみに、干潟けっこう溜まってる水で汚いから、足拭くタオルとかあった方がいいかも。あと、周りに遊べるスポットとかははさそうだったので、昼間は近くのビーチとかで遊んで、帰りがけに寄るのがベストかな。僕は館山の方に行ってました。

 

 

 

「ズル金」で絶景の雲海!!コスパ◎の山!!

先日は去年の秋以来となる山登りをしてきました~!

 

就活の面接では「趣味は登山です!!ウホウホ!!」と声高に言っておきながら、実際にはまだ5回目とか。高尾山だったら10回位行ってるような気もするけど。

 

そんな意識低めの初心者山男の今回の舞台は、山梨県金峰山!!

 

途中まで車で登れて、実際足を使って登る高低差が200メートルしかないことから「ズル金」とも呼ばれているルートがある山なんです!!いやはや、僕にピッタリですね。

 

ってことで、朝6:30から登山開始!

f:id:subarism:20180620102013j:plain

まず一時間くらい樹林帯を歩きます。前日雨だったから、地面が柔らかくて気持ちいい。

苔とか名前知らないけど綺麗な花とか、足元の景色もなかなか楽しいです。

 

f:id:subarism:20180620102208j:plain

いかにも一眼カメラです、って写真撮りました。でも最近携帯がすごすぎてカメラいらないんじゃないかって思う。

 

 

だんだん背の高い木々が少なり、見晴らしがよくなると、待望の景色が。

 

 

f:id:subarism:20180620102239j:plain

じゃーん!!!雲海!!!ウィズ富士山!!

 

どうやらラッキーな日だったらしく、周囲の山々にきれいに雲海が広がって、そこから富士山が顔を出す、という絶景を拝むことができました。

 

以前富士山に登った時も山頂から雲海見ましたが、こちらから雲海と富士山を見る、ってのもなかなかいいもんです。

 

たかだか一時間でこんなの見れるのは本当にコスパいい。

 

もうちょっと見晴らしのいいところいけば、こんな感じ。

f:id:subarism:20180620102340j:plain

ほっほーい!!って感じ!

 

ひとしきり景色を眺めたあとは、山頂へ向かいます。

f:id:subarism:20180620102515j:plain

コース自体も絵になるな...。

 

登り始めて3時間。9:30頃に山頂へ無事到着。

f:id:subarism:20180620103124j:plain

写真右にあるのは五丈岩ってやつで、上まで登れるのは10人に2人だとか...。

 

僕も挑戦しましたが、途中で断念。

f:id:subarism:20180620103414j:plain

これ実際登ると相当怖い。この時点で足震えてました。

 

このほかにも、周囲の山の稜線を望む景色があったり、

f:id:subarism:20180620103609j:plain

本当に、何時間でも居れる。

 

結局山頂に3時間たむろしてました。

 

帰りは1時間半くらいで下山して、ほったらかし温泉寄って、帰宅。

 

いやーイージーで大当たりなお山さんでした。

ちなみに半そで短パンで行ったら真っ赤に焼けて風呂入るたび激痛でした。

 

では!