深夜特急は腰が痛む。

卒業までに30か国いっちゃうぞ!(いま17)

『1旅行で4か国!』トランジット旅行のすすめ

時間はあるが金がない学生たちへおすすめの旅

 

LCCで格安旅行..!の波が本流になって来た最近ですが、航空券買う時に少し気になるのが乗り換えの経由地じゃないですか?

韓国/インチョンで7時間.....

台湾/タイペイで4時間...

香港で...タイで....などなどよくあることです。

 

値段に気を取られてチケット買ったものの、乗り換えのために5,6時間空港で待機なんてたまにありますよね。ついつい普段読まない自己啓発本なんか手に取ってみたり。

なかなか時間潰すのって骨が折れるんですよね。

 

 

僕も今回アメリカへ旅行に行って来たのですが、航空券を選ぶとき、安いチケットはどこも乗り換えが必要でした。(無論お金があるなら直行便でブーン♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)のほうが圧倒的に楽ですが。)

 

 

北京で5時間トランジット...。

 

こっちは7時間...7,5時間......。

 

 

うーん....。マカオで6時間かあ..。

 

と1人パソコンの前で膝を抱えていると、

 

 

北京(乗り換え)14時間 の文字が。

 

 

 

 

........( ̄^ ̄)14....?

 

 

 

 

 

 

 

 

.......( ͡° ͜ʖ ͡°)!!!これはこれでアリなんじゃ...?

 

逆に、14時間なら外でて観光できる? 

 

 

北京って他の国を抑えてでも行きたい場所ではないのですが、行けるなら行きたい場所ではあるんです。 乗り換えの間14時間だけ観光できれば十分おなかいっぱい。

 

これを逃さぬ手はないです。 

そして迷うことなくチケット購入。

 

 

ということでロサンゼルスへ向かう途中、朝6時から夜9時までの15時間観光に行ってまいりました。

 

経由地①:中国 / 北京

f:id:subarism:20170521151115j:plain

朝8時に天安門駅に到着。通勤ラッシュの北京地下鉄はなかなかしんどかった。知らないおっちゃんに中国語でずっと話しかけられてきつかったし。

f:id:subarism:20170521151429j:plain

道がほんとうに広い。中国という国の大きさを感じる。

f:id:subarism:20170521151542j:plain

天安門広場着。ただ広くて殺風景な広場。ここであんな事件があったなんて。と歴史に浸る。

f:id:subarism:20170521151802j:plain

 毛さんの肖像画が猛々しいです。

f:id:subarism:20170521151845j:plain

突然出て来た軍服の人たちにビビってカメラを思わず落とす僕。

f:id:subarism:20170521151938j:plain

広場の外にでると、街はなんだか寂しげな雰囲気広がってた。

おっちゃんからソーセージ的なものを買う。

f:id:subarism:20170521152109j:plain

目抜き通り王府井でランチ&ウィンドーショッピング。 土地が広いからなのか、人がいても土地が閑散として見える。

f:id:subarism:20170521152223j:plain

出店街で食べ歩き。 活きサソリとか昆虫系も売ってた。(食べる勇気はない)

 

 

こんな感じの半日を送り、LAへ向かうのでありました。

 

聞くところによると、半日で北京から万里の長城へ行けるそうです。飛行機乗り遅れたら怖いので行きませんでしたが。

 

思っていたより魅力たっぷりだった北京。

 

たった一日でも有名なところは見れた気がする。

 

帰り道でももちろん乗り換え

 

行きがあれば帰りもあります。

帰りの航空券も取らねばなりません。

しかしまあ、ニューヨーク➡シドニー(直行便)のなんと高いこと。

 

どれもこれも80000円オーバーばかり。Ugh

 

うーん。どうしよ。もうちょっと安いのは?

 

 

ニューヨーク ➡ タイ / バンコク(4h)➡ シドニー:60000円。

お、いいじゃん。これよこれ。

でもせっかくならタイに何日か泊まりたいよなあ。(ちなみに僕はタイLOVEなんです。)

 

 

じゃあ、一回タイ行きのチケット買って、そこからもう一枚シドニー行きを買えばいいんじゃ?

キーボードを、カタカタカタカタ。

 

ニューヨーク ➡︎ 経由:ロシア / モスクワ(14h) ➡︎ タイ:35000円。

タイ ➡ シドニー:30000円。計65000円。

 

( ͡° ͜ʖ ͡°).......なんと!!!!!!!

 

 

ろろろロシアなんて全く行こうとも思ったことのない国でしたが、しかし、ここには1日だけ行けるチャンスが...!

しかも、合計して直行便よりも安い!!!

 

このチャンスは逃さぬ!

ということでまたも即座に購入!!迷いはありませんでした。

 

 

おそロシアと呼ばれる国はどれほどおそロシアなのかこの目で見てみましょう。

いざ、朝8時から夜10時までのモスクワ観光へ。

 

経由地②:ロシア / モスクワ

 

 

 

f:id:subarism:20170521155215j:plain

ロシアの映像が流れるたびにでてくる、この教会へ。

おとぎ話からそのままでてきたような感じ。

 

 

f:id:subarism:20170521155359j:plain

レーニンさんが眠っている赤の広場。風が吹くと動けなくなるほど寒かった。

f:id:subarism:20170521155703j:plain

基本パステルの街並みや、

f:id:subarism:20170521155738j:plain

やはりパステルな街並み。

f:id:subarism:20170521155810j:plain

街中に突如現れる真っ白い教会や、

f:id:subarism:20170521155840j:plain

地下鉄の近くで暖をとる鳩たち。

 

 

いやいや、ビューチフルなんですよロシア。

もっと殺風景な街並みを想像してましたんですが、街全体は色も雰囲気も明るかったです。ただ、本当に土地が広く道路も幅があるので、どうしても閑散としているように見えちゃうんですよね。

 

しかし顔を上げられないほどの寒さと強烈な時差ボケでノックアウト。そうそうに空港へ戻ってNetflix観てました。

 

経由地③:タイ / バンコク

f:id:subarism:20170521161010j:plain

そしてタイで夕日を鑑賞。

ロシアとの気温差が30℃以上でずっとへばってました。

タイについては次の記事で書きます。

 

 

そして長旅は終了です。

もう一度言っておきたいのですが、今回紹介した3つの国はメインではないのです。

ただのトランジットで3か国街歩きなんて贅沢でしかないです。

 

しかも直行便よりも安い航空券を買ってここまで出来てしまうんだから、こんなのお得でしかないでしょう。(まあ滞在費や食費やなんやで結局お金はかかるんですけどね笑)

 

 

このトランジット旅行の楽しさは『あえて旅行で行く国ではない』という国にふらりと立ち寄れる身軽さです。半日であればホテルのことを考えなくてもいいので、いろいろ調べる必要もなし!

「あー本場のボルシチ食いたいわ。ちょっとロシア寄ってこ。」の感覚でいいくらいです。

 

 

しかも、ちょっと立ち寄ると意外と興味惹かれることが沢山あって、「今度はちゃんと行きたい。」って思うようになります。

おかけで北京もモスクワもいままで自分の思ってたイメージがガラッと変わり、もう一度行きたいと思うようになりました。

 

 

トランジット旅行。想像以上におもしろいです。

次の海外旅行では、あえて10時間以上の乗り換え時間を作ってみては?

ここに行く途中に、どこに行こうかななんて考えるのも楽しいもんです。