深夜特急は腰が痛む。

卒業までに30か国いっちゃうぞ!(いま19)

タイ土産はなんでも揃う!バンコク『週末マーケット』

性懲りもなくまたタイに行ってきた僕です。

今回は、前回投稿の『トランジット旅行』の続きで滞在してきました。

前回投稿はこちらから↓

subarism.hatenablog.com

 

 

f:id:subarism:20170522191743j:plain

まえに訪タイが30回を超えている無類のタイラー(マヨラー的な)にお会いしたこともあるので、まだまだタイ好きの青二才って感じですが、それでもこの歴史あふれ未来輝かしい国の虜になっている僕であります。

ひとえにタイといっても見所がありすぎてとてもとても書ききれません。旅行でバンコクだけでも一か月は滞在できるくらいです。

 

 

 

しかし今回は観光スポットを紹介するのではなく、むしろ観光が終わったあと大事な、お土産を買う場所についてです!

 

愛しの恋人にネックレス。家族と友達にはバラマキ土産。

素敵なお土産を買いたいんだけど、どこで買えばいいのやら。バンコクって夜市や路上マーケットがありふれているから、かえって迷うんですよね。

明日行くところはいいのあるかも、って期待しておいて同じようなものしか並んでいないなんてよくあること。

 

チャオプラヤ川のほとりに数年前にオープンしたアジアティークというお洒落なマーケットに行くのも一手。

www.bangkoknavi.com

ここは雰囲気も物もおしゃれ感かもし出ているので、ちょっといいものを買うにはもってこいの場所かもしれません。有名な観光地なだけあって、少し価格も商品もツーリスト向けです。

 

 

 

しかし、「友達には偽物のブランド品でいいっしょ!」「もっとチープな、タイを感じられるもの!」「とにかくムエタイパンツ!」という人にうってつけの市場があります。

 

ローカルだらけの週末マーケット。

BTSモーチット駅から歩いて2分くらいのChatuchak(チャトゥチャック?)Marketは毎週週末だけに開催されるマーケットで、なんとその規模は東京ドーム2.5倍

 

 

 

f:id:subarism:20170522194545j:plain

バンコクBTS・MRT・ARL路線図 - さくらサービス

左上がモーチット駅。中心部サイアムからもそう遠くはないです。

駅からは、人の流れに沿っていけばすぐに着きます。めちゃめちゃ人が多いからスリに注意。リュックサックは前掛けにしておくのが安全です。

f:id:subarism:20170522195137j:plain

考えつくものはすべて売られていて、古着、化粧品、絵画、工芸品、時計、香水、服飾雑貨、帽子、靴、バック、家具、と、品ぞろえは豊富豊富。

 

 

f:id:subarism:20170522195342j:plain

タイ版ドン・キホーテみたいな感じ。

 

 

f:id:subarism:20170522195421j:plain

一応区画分けはされているみたいでエリアによって売られているものが違うんだけれども、基本的にごちゃごちゃしてるから関係ないです。

そして一度行った場所には戻ってこれない。と言われるほど入り組んでいるので、気になった商品はその場で買うのがベターです。安いからお金を心配する必要もなし。

 

私自身、偽物ポールスミスのパンツ大量売りを見つけて、後から買おうと思い直したのですが、2度とそのお店にはたどり着けませんでした。

 

 

 

このマーケットの良さは、タイ人が非常に多いということです。もちろん旅行者もかなり多いのですが、ローカルの人が普段利用する場所なだけあって値段はものすごく良心的。さらに相当な雑多感、ごちゃごちゃ感を味わえるので、いるだけで本当に楽しい場所です。アジアティークとは対照的なマーケットなので、両方行くとより面白いかも。

 

さらに古着の量が半端なく多いので、大学生古着ラバーズにとっては天国の様な場所かも知れません。素敵な掘り出し物が見つかる可能性アリ。

 

あとは偽物ブランド品が豊富(ラルフローレンのシャツやディーゼルのパンツなどなど)に取り揃えてあるので、バラマキ土産に買って帰っても〇。

f:id:subarism:20170522200333j:plain

もちろんタイのアリババパンツや象の置物、スカーフや芳香剤など、いわゆる「タイ」といったお土産もしっかりあるのでご心配なく。

 

 

 

かーなり大きなマーケットなので、最終日に荷物を背負いながらの買いものは避けたほうがいいです。市場内は狭いので人にもぶつかるし。(僕は前回のタイ訪問で最終日にここを訪れて後悔した思い出があります。)

中にはタイマッサージ屋やレストランもあるので、ゆっくり休みながら回れば半日くらい潰れてしまいそう。

 

まさになんでもある場所なんです。

 

暑い、湿気強い、人とぶつかりまくる、の環境で体力はもっていかれますが、辛抱強く歩き回ればきっとお気に入りのお土産をゲットできる!

 

皆さんも、是非週末にバンコクに滞在する時があれば、週末マーケットを訪れてみてはいかがですか?

f:id:subarism:20170522200935j:plain

夕方には閉まってしまうので、お昼前後に行ってくださいね!

 

こんな粗ブログより見やすい解説はこちらから笑

www.bangkoknavi.com