深夜特急は腰が痛む。

卒業までに30か国いっちゃうぞ!(いま19)

大学生が政治に首突っ込みました記1⃣

大学三年生も中盤を過ぎるとみんなぶつぶつ文句もいいながら就活モードに入るものです。夏インターンいった?、インターン全落ちww、夏はずっと遊んでました...。なんて会話に花が咲く夏休み明けですが。

 

実は私は政治素人ながら地元調布市議会でインターンをさせて頂いています。(インターンという言葉を使うことさえも畏れ多いくらいの知見知識不足ではありますが。)

 

この首突っ込みました記では、私が議会で見聞きし、感じたことを僭越ながら書かせて頂くものであります。

 

 

 

 

8月、9月とわが生まれ故郷の市政について学び、おじさまおばさま方がこの街をもっともっと素晴らしくしようと白熱の議論を交わす議会を傍聴したり(かなりの時間睡魔と戦っていましたが)と、真面目にこれからの調布について思いを馳せておりました。

 

 

しかし......我らが日本の幹事長あべ氏の突然の衆議院解散を端緒に、政治が大混乱になってしまいましたので、これまでののほほん平和な社会科見学(インターン)は一気に乱戦に突入してしまったのであります。

 

ニュースでは連日連夜で都のプリンス小池様のご意向や、枝野さんの新党結成、はたまた前川さんに失望する民進党議員さんの言葉でタイムラインがぎっしり。

 

www.huffingtonpost.jp

www.huffingtonpost.jp

 

 

インターンで直属にお世話していただいている議員さんも民進党に所属しているので、今回の政治の大変動に大忙し。車を運転しながら電話はかけっぱなし、らーめんを掻き込みながらも思考の矛先は常に選挙のことにあるようです。

f:id:subarism:20171002180504j:plain

藪から棒というか青天の霹靂というか...突然の事態に思考も体も追いつかないといった感じで、嘲るように笑う姿が今回の出来事の深刻さを物語っていました。

 

ニュースでただぽかんと口を開けて観ていただけだった私にとって、2009年の政権交代よりも衝撃的であるというカオスのど真ん中で巻き込まれている地方議員の苦悩は、傍でつけめんを啜っていてヒシヒシと伝わってきます。

 

f:id:subarism:20171002181346j:plain

 

とにかく苦悩という言葉を繰り返す先輩方。しかし自分たちはまだましな方で、党に捨てられた(かのような)候補者のほうがもっと可哀そうだと顔を歪めていました。

 

突如として火蓋の切られた大混戦レースを民進党議員の傍から見つめていこうと思います。