5年目のモラトリアム

遂に大学生活も最後となりました。

都内から1時間でウユニ気分(?)を味わっちゃおうの旅

東京から地球の裏側へ、飛行機を乗り継ぐこと約30時間....。

 

南米のアンデス山脈を越え、たどり着く神秘の鏡張りの湖....。

 

 

f:id:subarism:20180725112015j:plain

 

んー、ちょっとクオリティは下がったかなあ....。

 

 

ってわけで、タイトルにもありますが今日は30時間とうん十万の大金をかけずに、都心から1時間で行けちゃう関東の(プチ)ウユニ塩湖を紹介しましょう。

 

ウユニ塩湖といえば、

f:id:subarism:20180725112319j:plain

これこれ、これですよ。

広大な地面の表面にうっすーく水が張っているおかげで、まるで水上のものが鏡のように反射しちゃうっていう、フォトジェニック観光地。

 

インスタに投稿すれば大量のlikeを獲得することができちゃう優れモノです。

 

 

こんなアンデスが生んだ神秘には遠く及ばないけれども、

「まあまあ、頑張ってるんじゃない?」

レベルの写真を千葉の江川海岸へ撮りに行ってきましたってわけです。

(実際には友達についていっただけです。)

 

f:id:subarism:20180725114008j:plain

まず場所としては、本当に都心から1時間で行けちゃいます。

新宿でレンタカー借りてピュっといけるのがいいとこかも。

 

潮干狩りをやってるところらしく、広い浅瀬があるから、そこにたまった水が反射するようになるんでしょうねきっと。

 

 

で、肝心の写真だけれども......。

f:id:subarism:20180725113249j:plain

んー。なんか惜しいんだよなあ。って声も聞こえそうだけど一応鏡にはなってる!!!

 

でもちょっと、水面に風が立つとすぐ...。

f:id:subarism:20180725114438j:plain

消えてしまう.....。

 

まあ、こんなクオリティだろうなって感じ笑笑

 

www.google.co.jp

もっときれいな写真撮ってる人のブログ見つけたので参考までに貼っちゃおう。

ちなみに、ここまで書いた内容がこの人の二番煎じ感ありすぎて恥ずかしい。みんな考えること同じなんだよなあ、しかも写真きれいだし。

 

 

それでも、夕焼けは何とかきれいに撮れました。

f:id:subarism:20180725115703j:plain

 え?最初の写真と変わらないって?そうなのこれしかないのよね。

 

ちょっと調べてみたら、『日本のウユニ塩湖』って結構あるらしいんですよね。

そのうち全部行くマニアとか出てきそう。てか、もう既にいそう。

日本にウユニ塩湖は9つある⁉全国のスポット総まとめ | 日本最大級のSNS映え観光情報 スナップレイス

 

 

まあ、こんなところで、ちょっとウユニ感じてみたい(?)人はぜひ簡単なドライブへどうぞん。

 

ちなみに、干潟けっこう溜まってる水で汚いから、足拭くタオルとかあった方がいいかも。あと、周りに遊べるスポットとかははさそうだったので、昼間は近くのビーチとかで遊んで、帰りがけに寄るのがベストかな。僕は館山の方に行ってました。