深夜特急は腰が痛む。

卒業までに30か国いっちゃうぞ!(いま17)

ニュージーランド『星の降る村』へ。

f:id:subarism:20170813144708j:plain

 

地平線、山の裾まで拡がる星空......。

360°のパノラマで臨む頭上の星空はまるで降ってくるように感じられるほど...。

 

そう、行ってきました!ニュージーランドのテカポ村。

最近ドキュメンタリーやなんやで有名になってきている、世界初の"星空世界遺産"を目指すニュージーランドの南島にある小さな小さな村です。

 

オーストラリアワーホリの帰り、「絶対に行ってきなさい。」というオカンの言葉に背中を押され、極寒-6℃の世界へ飛び込んでまいりました。今回はこの寒空の中4時間かけて撮った星空の写真をひたすら見せびらかしたいと思います。

 

 

まず、テカポ村の紹介からしましょう。

ニュージーランド南島のちょうど真ん中あたりにあるテカポ村。

テカポ湖を中心に周囲を山に囲まれ、晴天率が高いことからスターゲイジングにぴったりの場所となっているわけです。村でも生活の灯りを必要最小限にするなどして、星空の景観を保っているのだとか。意気込みが違いますね。

 

気候や地理的にオーロラの発生する条件は揃っているらしく、運が良ければ満点の星空と共に揺れる光のカーテンか拝めるかもしれません。

 

f:id:subarism:20170813150339j:plain

山上ってちょっと背伸びをすれば南極がのぞけちゃうくらい近い場所にあります。(んなわけねえだろって。)

 

有名都市のクライストチャーチクイーンズタウンから車で行くのが一般的で、だいたいどちらからでも3、4時間ほどでつきます。僕も今回クライストチャーチテカポクイーンズタウンという王道ルートでニュージーランドを観光しました。

 

さてテカポということで、観光地としてどれほどアミューズメントがあるのかというと......まーーーーーったくないのです。見るものが。

f:id:subarism:20170813151216j:plain

 

景色はため息が漏れるほどきれいなわけなんですが、とにかく娯楽がない。

中心部?も大きめのサービスエリア程度の設備しかなく、スーパーマーケット、カフェ、バーが何軒か軒を連ねているだけです。しかもWifiがほとんど30分制限....!!(ただでさえすることないのに....。)

 

f:id:subarism:20170813151845j:plain

写真スポットの「善き羊飼いの教会」もそこから歩いて10分ほど。

........2時間で観光が終わってしまった.....!コーヒーもさっき飲んだばかりなのでおなかはタプタプ。夜まで景色でも眺めていようか。

f:id:subarism:20170813152821j:plain

景色は本当にきれいなんだよなあ。ただ、2日でいいかなあ。夏だとトレッキングとかもできてまた違うんだろうけど。

 

 

待ちに待った夜が....!

20時くらいまでゲストハウスで時間をつぶし、いざ、この旅行最大の目的をこの目で見に行きます....!

ヒートテック、トレーナー、パーカー、パーカー、フリースの五枚重ねで防寒はバッチリ。相棒Nikonちゃんを携えて外にでます。吐く息が白い。

 

f:id:subarism:20170813153557j:plain

ぐわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああまのがわああああああああああああああああああああああああああああ!!

 

こんなにくっきりと空に横たわった天の川は初めてです。

 

f:id:subarism:20170813153801j:plain

星が降るとは本当にうまくいったものです。空には無数の星がこれでもかってくらいちりばめられていて、あまりの数に、脳が事態を理解するのに時間がかかります。この景色を形容する言葉がない。隣に立っていたオージーにひたすらアメージングアメージングと話しかけていた僕でありました。

 

しかも、写真を撮っている間空を見上げると、流れ星がびゅんびゅんと落ちているのです。ひとつ、またひとつと間髪いれずに光って消えていくので、流れ星のありがたさを忘れてしまいそうになるくらいです。願い事が無限に叶う一夜です。

 

f:id:subarism:20170813154753j:plain

それにしてもこれほどくっきりした天の川はいつまで観ていても飽きないものです。

こんなに素敵な星空をたった一人で観ているのはいささか寂しいものでしたが...。

 

 

 

どうでしたでしょうか。写真だと画像が粗くなってしまっていますが、肉眼で見るこの空は誰もがきっと言葉を失うでしょう。ニュージーランドを訪れるときは、ぜひテカポ村を検討リストに入れることをお勧めします。

 

あと、できれば友達や恋人といくといいです。ロマンチックだから、というのももちろんですが、話し相手がいないと多少の暇地獄を味わうことになります。